官公庁用事業

公共施設向け自家消費システム

公共施設などでは、これからの未来を考えた社会貢献の一環として、クリーンな太陽光発電の導入が期待されています。また、2015年9月の国連サミットで採択されたSDGsでは2030年までに達成するために掲げた目標にエネルギーに関する取り組みも含まれており、より一層クリーンなエネルギーに対するニーズが高まっています。

導入のメリット

  • 環境貢献:植林や石油の使用削減効果が見込め、CO2削減効果により、次世代の地球環境保全に貢献できます。
  • 経済効果:今後使用量が増えることが予想される電力需要量の削減が期待できます。
  • 地域貢献:地域住民への啓発や自治体の取組みイメージアップを行い、他地域への波及効果を期待できます。
  • 防災対策:万が一の際の緊急用電力の確保、地域への災害対策情報の発信を行えます。
  • 環境教育:子供たちへの実教材として、環境意識の拡大を図ることが期待できます。

ご導入までの
ながれ

施工事例

詳細を見る

道内で数多くの自家消費発電を設置してきたフロンティアジャパンの施工事例をご紹介します。
これまでに手がけた現場を掲載してますので、ぜひご覧ください。

お気軽に
ご相談ください