北海道での太陽光発電は?

なぜ今
太陽光発電?

現在の日本において自然エネルギーの推進は急務であり、導入に伴う様々な補助や助成によって今後は一般家庭や企業にも急速に普及することと思います。また日本のみならず自然エネルギーへの思い切った転換は全世界でも推進されつつあります。
2020年10月26日に管内閣総理大臣は「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」と宣言し、「次世代型太陽電池などが必要不可欠になる」と述べております。
家庭や企業が自家発電所となる事で発電時のCO2排出はゼロ。また、電力不足の打開策になると共に、万が一の停電にも安心。地球と日本の環境を守り未来の子どもたちに引き継いでいくため、これからのご家庭や企業に欠かせないクリーンエネルギーとして、フロンティアジャパンも全力で普及、拡大に取り組んでまいります。

北海道での
太陽光発電は?

北海道で忘れてはならないのは雪です。確かに雪がパネルの上に積もると発電はしませんが、太陽光パネルは気温が25℃を超えると著しく発電効率が下がるという特徴があります。
基本的には梅雨もなく、また、一年を通して過ごしやすい北海道の気候は太陽光に適していると言えるのです。

リスクの少ない
北海道での
太陽光発電

太陽光発電のパネルは、実は熱に弱いという特性を持っています。
発電効率と温度の関係は比例しており、温度が10度高いと5%も発電効率が落ちてしまうと言われています。
北海道は、春から秋にかけて比較的穏やかな気候なので効率よく発電します。他の地域ですと、夏場は梅雨の影響や台風の影響も考えられますが、北海道は梅雨はなく、また台風も少ないので、太陽光発電に適している地域といえます。

雪にも負けない
太陽光発電

北海道で忘れてはならないのが雪の問題ですが、冬季の降雪量により太陽光発電への影響も出てきます。
そこでフロンティアジャパンではパネルの積雪を考慮したうえでシミュレーション値を算出し、より現実的な年間発電量をご提案させていただくと共に、パネル上に蓄積される積雪の危険性を考慮し、落雪を意識した配置を提案することでお客様に安心して設置をご検討いただきます。

独自サービスの
安心無料保証

太陽光発電は長年使うシステムだからこそ安心してお使いいただくために、お客様のニーズに合わせた保証制度やアフターサービスを各メーカーがご用意しております。
しかし、近年多く発生する自然災害や偶然な事故などは保証されておりません。
フロンティアジャパンでは大手保険会社と提携し、ご購入者様の太陽光発電システムを対象とした動産総合保険を一括して契約することで、お客様に無償でご加入いただけます。ですから、万が一の自然災害や偶然な事故などには破損の修理費用を保険金で充当することができますので長期的に安心してご使用いただけます。

  • 保証の対象や保証限度額については保険証券をご確認ください。
  • 免責事項により保険金が支払われない場合がございます。
  • 第三者機関の鑑定会社が事故内容を調査に伺う場合がございます。

お気軽に
ご相談ください