蓄電池 Storage battery

リチウムイオン蓄電池とは

リチウムイオン蓄電池とは、リチウムイオンによって充電や放電を繰り返し行い、何度も使用できる二次電池のことです。
携帯電話やノートパソコン、電気自動車やハイブリッド自動車、また人口衛星にも使用されています。
フロンティアジャパンが販売する蓄電池は定置用蓄電システムで、貯めた電気を家庭内で使うためのものです。

リチウムイオン蓄電池のイメージ画像

1

蓄電池のメリット

電気を貯めるのは、電気料金が安い深夜がベスト。(※1)
安い料金で貯めた電気を分電盤へ接続して家全体へ供給し、使うことができます。しかも6.6kWh~7.2kWh(※2)という大容量なので安心して家中で電気を使えます。万が一電気を使い尽くしてしまっても、コントローラの簡単操作により2時間で急速充電が可能です(※2)。また、太陽光発電システムとの連携で、更にお得で便利にお使いいただくこともできます。北海道でも蓄電池導入に注目が集ってきています。

  • ※1:電力会社と時間帯別料金契約が別途必要です。
  • ※2:メーカー・型式により異なります。

蓄電池のメリットのイメージ画像

2

多彩な運転モード

目的に応じてモード『type A』と『type B』を選べます。

TypeA 太陽光発電優先モード

太陽光発電システムの運転スタートと同時に蓄電池から放電を開始。日中の消費電力を蓄電池でカバーすることで売電量を大きく見込めるモードです。

太陽光発電優先モードのイメージ画像

太陽光充電モード

太陽光発電の電気で蓄電池を充電し、
夜間電力をまかなうことで購入電力量ゼロを目指すモードです。

ピークカットモード

電力会社からの購入電力量の上限を設定でき、
超過分を蓄電池からの電力供給で補うモードです。

深夜電力活用モード

安い深夜電力で充電し、
昼間の電気をまかなうことで電気料金を節約できるモードです。

強制充電モード

手動操作によって、強制的に充電を行うモードです。

強制放電モード

手動操作によって、強制的に放電を行うモードです。

3

多彩な運転モード

目的に応じてモード『type A』と『type B』を選べます。

TypeB 経済モード

太陽光発電で使用電力がまかなえている間は放電せず、まかなえない時間帯の電気を蓄電池でカバー。購入電力を減らし、大きく節約貢献できるモードです。

経済モードのイメージ画像

グリーンモード

太陽光で発電した電気を優先的に使用し余剰電力を充電。充電した電気を夜間に使用することで購入電力ゼロを目指すモードです。

強制充電モード

手動操作によって、強制的に充電を行うモードです。

強制放電モード

手動操作によって、強制的に放電を行うモードです。

  • ※『type A』『type B』いずれのモードも蓄電池内に残しておきたい電力量の設定が可能ですので、万が一の停電時にも備えることができます。
  • ※メーカー・型式により異なります。

4

非常時にも便利な蓄電池

急な停電や災害時にも、貯めてあった電気を使うことができるのでとっても安心です。緊急時、どこの電源で電気を使うかをあらかじめ選定できることも嬉しい機能です。 (※1)また、太陽光発電システムと連携させている場合は、太陽光で発電した電気を優先して使う設定などもできますので、日中は太陽光で作った電気を使い、夜間は蓄電池で貯めてあった電気を使うなど、更に長く電気をお使い頂くことが可能です。(※2)

  • ※1:使用Wには限りがあります。
  • ※2:メーカー・型式により異なります。

非常時の蓄電池のイメージ画像

5

定置用蓄電池補助金について

一般社団法人 環境共創イニシアチブについて

広く環境・エネルギー分野において社会的に必要とされる技術革新を促し、開かれた議論を行いながら国内の知見を活用して、社会システムやプロジェクトを組成すること を目的に、民間の企業・団体により設立された法人です。

執行中の事業について

環境共創イニシアチブ執行中の事業についてのイメージ画像

一般社団法人 環境共創イニシアチブにて補助金交付事業を実施しております。詳しくは右記よりご確認ください。

一般社団法人 環境共創イニシアチブロゴ

6