産業用太陽光発電

産業用太陽光発電は10kw以上の設置になりますが、産業用は2012年7月に施工された“固定価格買取制度”により、全量買取でのご契約が可能になりました。全量買取とは、発電した電力すべてを電力会社に売ることができる制度です。住宅用太陽光発電は“余剰電力買取制度”により売電金額が33円で10年間固定になりますが、産業用太陽光発電は“固定価格買取制度”24円で20年間固定になります。基本構成は住宅用システムと同じですが、大規模システムの場合は複数のパワーコンディショナが必要になる場合があります。

産業用10kw~50kw太陽発電システム

10kw以上のシステムは産業用太陽光として全量買取での設置が可能になります。その中でも10kw~50kw未満のシステムは、住宅設備と同じ低圧連系の範囲で設置が可能なため、高圧連系のメガソーラーのように高圧受電設備キュービクル等の高額な機器を導入する必要が無く、太陽電池モジュールやパワーコンディショナなどの周辺機器も少なく済み、機器コストが抑えられます。また、高圧連系設備には、電気主任技術者の確保が必要になりますが、低圧連系は有資格者を確保する必要が無いため、ランニングコストの低減が可能になる点や、高圧連系に必要な電力会社への協議費用が不要になるため、初期費用も抑えることが可能です。

1

1 遊休地(49kwまでの低圧連系)

10kw~50kw未満のシステムは、住宅設備と同じ低圧連系の範囲で設置が可能なため、
高圧連系のような、高額な機器を導入する必要がなく周辺機器も少なく済みます。

2 アパート・マンション

近年、アパート・マンションへの設置を検討される方が増えてきております。
入居者も恩恵を受けられる「各戸連系」、補助金もあり売電もできる「共用連系」、
最も人気がある「全量配線」の3種類があります。条件は若干の違いはありますが、
当社でも何件か設置させて頂いております。

3 納屋

住宅の屋根や野立てでご検討頂いていたお客様でも条件により、向き不向きがございます。 その際、納屋等があるお客様にはそちらへの設置もご提案させて頂いております。 条件次第では、住宅用・産業用とお選び頂けますので、 お客様のご希望に沿うようにご提案させて頂いております。

2

4 工場・倉庫

工場や、倉庫の設置は、建物の屋根を利用するため土地代がかかりません。 大きな工場や倉庫に設置となる場合、何百坪になりますので見過ごせないスペースと言えます。 そして、工場や倉庫の上に設置された太陽光発電システムのパネルは遮熱効果がありますので、建物内での冷暖房費の節約へ繋がります。

5 商店、会社

自営業や会社でご契約頂くお客さまも増えております。
本業のお仕事をしながら、副業で太陽光発電、とお考え頂いている方もいらっしゃいます。 お客様方への環境貢献のアピールにも繋がります。

6 野立て(500kw以上の高圧連系)

高圧連携設備には、低圧連携とは違い高圧受電設備キュービクル等の機材が必要になり、 同じ産業用という括りですが、変化が生じてきます。 当社でも何件か設置させて頂いており、実績が御座います。

3

産業用太陽光発電導入の流れ

4

産業用太陽光導入のメリット

5

固定買取制度とは?

太陽光発電システムだけでなく、水力や風力などの自然エネルギーを使用して発電した電力を、電力会社が一定期間と価格で買い取るという制度です。
固定価格買取制度には「全量買取」(産業用・10kw以上)と「余剰買取」(住宅用・10kw未満)の2種類がありますが、買取価格や期間が異なり以下の通りとなっています。全量買取の対象となるのは、太陽光発電の他、風力発電、地熱発電、中小水力発電、バイオマス5種類です。平成25年2月のデータでは、およそ170万kwの再生エネルギー発電設備が導入されており、その9割以上が太陽光発電となっていることが公表されています。

太陽光 10kw以上 10kw未満 10kw未満
(ダブル発電)
調達価格 24円+税 33円(税込) 27円(税込)
調達期間 20年間 10年間 10年間

6