住宅用太陽光発電

住宅用太陽光発電システムは、自宅の屋根などに設置した太陽電池で暮らしに必要な電気を生み出します。電力会社の配電する商用電力と系統連系することによって、発電した電気が余った場合は電力会社に売り、電気が不足した場合にはこれまで通り電力会社から買うことができます。ですから電力の安定供給を確保しつつ、発電した電気を無駄なく活用することができる合理的なシステムなのです。

1

1 陸屋根

北海道では一番多い形状で、『スノーダクト』『無落雪』とも呼ばれます。一見四角い形状をしていますが、屋根が平らではなく中心に向かって傾斜しているのが特徴です。中央のダクトから溶けた雪が排出されます。片方にだけ5度程度の傾斜がある『水勾配屋根』もあります。

2 切妻屋根

通称三角屋根といわれるものです。
切妻屋根は太陽光がきちんとパネルにあたる造りとなっています。屋根に直接パネルを設置できるので見た目も良く、
費用も抑えることができます。

3 寄棟屋根

4面の屋根からできているため、必ず南向きに設置が可能です。各屋根面積は小さくなりますが、北を除いた3面に設置できるので設置容量が少なくなることはありません。
風に強いというメリットもあります。

2

4 片流れ屋根

片側にだけ傾斜している屋根です。片流れ屋根は屋根が南向きであれば太陽光パネルを設置するのにベストですが、
北向きに傾斜がある場合でも、条件によっては南向きに設置することもできますのでご相談ください。

5 複合屋根

複数の形状を複合したタイプです。屋根を複雑に見せ、豪華な印象を与えることが出来ます。いろいろな形があります。設置可能枚数などは現地調査をさせていただきます。

6 野立て(10kw以下)

家の庭や空いている土地などに直接設置するタイプです。野立ては産業用のみと勘違いされがちですが、住宅用でも可能です。現在、10kw以上の申請は通るのが難しいので、10kw以下に抑えれば住宅用でも野立てができます。

3

太陽光発電システムを導入するには、設置工事着工までに様々な各手続きが必要です。なお、各種申請手続きはフロンティアジャパンで代行いたしますので、お客様にお手間を掛けることはありません。

4

住宅用太陽光導入のメリット

5

経済産業省における再生可能エネルギーの固定価格買取制度により、家庭で作ったが使わずに余った電力をお住まいの地域の電力会社に固定価格で買い取ってもらえます。平成28年度は、10kw未満のシステム設置で10年間33円の買い取りとなります。

6