HEMS

HEMSとは

読みは「ヘムス」。
HEMSとは特定の機器を指すものではなく、エネルギー管理システムの総称です。
HEMSにより電力の使用を効率化できますので、節電やCO2削減にもつながり、家庭内のエネルギーを管理することができます。エコロジーと居住快適性を実現するための技術なのです。

太陽光で電気を作って、蓄電池で電気を貯めて、HEMSで管理することで効率的に電気を使う。これからは電気を自給自足する時代が当たり前になってくるのかもしれません。なお、各電化製品とHEMSとの通信が可能なのは「ECHONET Light」という国際標準化されている通信規格に対応していることが前提となります。

HEMSとはのイメージ画像1

HEMSとはのイメージ画像2

HEMSでエネルギーが見える

HEMSの役割としては、家庭内のエネルギー消費量を可視化する機能が主体です。
パソコンやタブレット端末などを通じて、いつでも確認できるスマートホームの一部として連動し、省エネ性や利便性の向上を図ります。今までは電力明細書が来ると電力使用量が分かりましたが、HEMSは常時把握しておくことが可能ですので、省エネへの意欲も高まります。

HEMSでエネルギーが見えるのイメージ画像1

HEMSでエネルギーを自動制御

HEMSのもう一つの役割は、エネルギーの制御です。
例えば、今までリモコンで操作していたエアコンもスイッチを押して点けていた照明も、HEMS導入によってパソコンやタブレット端末を通じて制御できるようになるのです。
ただ、制御するだけならリモコンが増えたとしか言えませんが、HEMSは手動のみならず自動制御が可能であることが強みです。こちらもエアコンを例に挙げれば、「○度を超えたら風量を小さく」「電力消費量が設定量に達したら電源を切る」など。照明なら「○時から●時の間は△段階暗くする」などの設定ができるのです。更に、スマホ端末を使って、外出していても家庭内の電気をいつでもチェックすることもできます。なお、こちらの機能に関しても前述の通り、「ECHONET Light」に対応していることが前提となりますので、既存の製品では活用されないことがあります。

※HEMSは、別途機器や契約が必要な場合があります。また、メーカーや型式によって異なる場合があります。

HEMSでエネルギーを自動制御のイメージ画像