法人用オフグリッドシステム

法人用オフグリッドシステムのポイント

1

法人用オフグリッドシステムの導入メリット

2

導入された企業の声

3

法人用オフグリッドシステムのfit

4

現在では、売電価格の低下・電気料金の高騰・国策が自家消費を支援、さらに、これまでの太陽光発電や蓄電池のシステムの良さを備え、効率的なエネルギーマネージメントシステムを導入するチャンス!

5

基本料金とは、電力会社から購入する電力を30分間で使った電力最大平均値(デマンド値)に対し基本料金単価を乗じた料金のことで、この最大値が更新される度に更新された月から1年間基本料金が高くなります。

6

太陽光、風力などの再生エネルギーを直流のまま蓄電池に取り込み蓄電池が満充電の時のパワーコンディショナーで交流に変換しそのまま構内負荷へと活電。
再生可能エネルギーで発電した電力をそのまま自家消費することで電力使用料を削減します。

7

マネージメントコントロールにより常時電力使用状況を監視し自動で蓄電 池出力をコントロール。電力最大使用ピーク時に強制放電します。使用電 力量を下げると同時に、最大使用電力量=「最大デマンド」を制御するこ とにより電気料金の大幅な削減が可能になります。

8

デマンドコントロール機能を別途機能追加すると、蓄電池の電力の利用のほかに、空調機などの電源を制御することが、可能になります。
これにより施設内の環境を最適化。電気料金の大幅な削減につながります。

9

法人用オフグリッドシステムの仕様

10